脇の黒ずみの原因は2つ!知ってしっかり対処しよう!!

脇の黒ずみの原因は大きく分けて二つあります。

その二つの原因をしっかりと知る事で、正しく対処していく事ができるでしょう。

現在脇の黒ずみで悩まれている方、また今後脇の黒ずみを作ってしまいたくないという方は、これからご説明をさせて頂く脇の黒ずみの原因と対処法を参考になさってください。

脇が黒ずんでしまう一つ目の原因は、汚れです。

汚れというのは皮脂や制汗剤、ファンデーションなどです。

脇は汗をかきやすいですし、皮脂の分泌が多いので多少の汚れというのは仕方がありません。

しかしながら、そこにさらに制汗剤であったりファンデーションを使ってしまうとさらに毛穴が汚れで詰まってしまい、黒ずませてしまう事になります。

できれば制汗剤を頻繁に使い過ぎないようにする、黒ずみを隠すためにファンデーションを使ってしまうと後々さらなる黒ずみになるので避けるようにする、よかれと思ってケアのために化粧品を使い過ぎないようにする、こういった事を心がけてください。

また当然お風呂では両ワキをしっかりと洗いましょう。

あとはターンオーバーを正常にするというのも、汚れをしっかりと排出するためにはとても大切です。

表面の汚れは洗い流す事ができますが、毛穴に詰まった汚れというのはターンオーバーでしかとる事ができません。

現代人は生活習慣の乱れなどからターンオーバーは乱れがちなので、しっかりと意識して規則正しい生活をしてターンオーバーを促しましょう。

またお風呂の後に化粧水などを軽くつけて保湿してあげる事もお勧めです。

ただし前述の通りあまり余計なものをつけすぎてしまうとそれが汚れの原因になる事もあるので、油分がなく適度に保湿できるアイテムを一つだけ選んで適量をつけるように心がけてください。

二つ目の黒ずみの原因は、摩擦や刺激です。

脇というのは体の中でも特にメラニン生成が活発な部位になります。

さらにムダ毛処理であったり普段の生活で脇は刺激を受けやすい部位でもあります。

日々の生活の中で脇に与えている刺激が、まさに脇の黒ずみの原因となってしまっているのです。

黒ずみを避けたいと思ったら、なるべく摩擦や刺激を避ける事です。

例えばお風呂で洗う時にはしっかりと洗う必要はあるものの、ゴシゴシ強い力で擦らないようにしてください。

優しく泡で洗うようにしましょう。

タオルでふく時にも、ポンポンと抑えるようにふいてください。

汗をぬぐう時なども、できるだけ優しく拭き取るように心がけましょう。

またムダ毛処理のために毛抜きを使ったりカミソリを使うと、脇にとってはとても大きな負担になってしまいます。

しかもムダ毛処理というのは定期的に何度も行うので、これが黒ずみの大きな原因になってしまっている女性は実は少なくありません。

一番脇への負担が少ないムダ毛の処理方法は脱毛です。

可能であれば、脱毛で脇は綺麗にして自己処理は避けるようにしましょう。

その際脱毛サロンの脱毛だとまた毛が復活してしまうので、医療脱毛の方がお勧めです。